子どもの可能性は無限大

今回の記事タイトルは割とありきたりな言葉にしてみました。

さて、子育てしていると、「対象年齢」が表記されてるおもちゃとか気になることありますよね。

今回は子育て中のプラモ初心者GPオヤジが「対象年齢」についての個人的見解を書いていきます。

そもそも対象年齢とは

一般社団法人 日本玩具協会のサイトを閲覧すると「子どもの発育段階において与えるに相応しいとされる玩具の年齢別、種類別対応表」が提示されています。

この表によると、私が趣味にしているプラモデルは小学生以上が推奨されるようです。ところが昨今では、対象年齢を3才以上と表示するキットも模型店に並ぶようになり、協会の想定をプラモデルメーカーの企業努力が上回るような技術の進歩が窺えます。

これは各メーカーでお子さんへの安全基準を設けていて、各社それに基づいた安全に楽しんでもらえる年齢を「対象年齢」と表示しているためのようです。

ここでこちらの動画をご視聴いただきたい。

動画で未就学児のりょうくんが組み立てたプラモデルは対象年齢15才以上のキットです。発売元のバンダイスピリッツの安全基準では15才未満のお子さんには安全を担保できないという意味があります。

この「対象年齢」というのは、それに満たない年齢のお子さんが扱ってはならないものではなく、ケガや誤飲などのリスクを自分で注意できる年齢かどうかを分けるものなのです。

子どもの「したい」を叶えたい

動画内で炭治郎が構えている刀のパーツは、刃や切先がとても鋭利なので、小さなお子さんが扱うには確かに危険です。だからと言ってお子さんが作りたいものを止める必要は必ずしもなくて、リスクを知った上で見守りながら遊ばせるのも保護者の役目ではないでしょうか。

多くの保護者は、お子さんがしたいことをさせてあげたいというお考えをお持ちだと思います。もちろん家庭の経済的や日程的な面などで、させてあげれることには限界がありますけれども。

例えばスイミングを習いたいお子さんにスイミングスクールへ通わせることになった時、どうしても溺れてしまうリスクが伴いますが、溺れてもすぐに救出できるインストラクターがそこにいるから保護者は安心してスクールに任せられます。ちなみに、「溺れるリスクがあるから」という理由でスイミングはさせられないというようなご家庭は私の周りには見られません(全国見渡せばあるかもしれないですけど)。

事故は「あってはならないこと」という見方をする人もおられますが、どんなに注意を払っていても起こってしまうのが事故です。なので事故を起こさないこともですが、事故が起きた時にその被害を最小限にできる準備をしておくことが大切ですよね。想定できる事故に対しては準備もできますし。

ただ、想定外のアクシデントにも何かしら対応するのがプロフェッショナルです。

子どもには無限の可能性

ところが、私たち保護者は保護者としてプロなのかアマなのか、プロと言えるぐらいでなきゃマズいのか、です。

子育てなんて初めて経験することの連続で、日々想定外が起きるものです。そんな日々を私たち保護者は送ってきて、日々想定外に何かしら対応してきた経験は、ある意味保護者のプロと言えるかもしれません。

ずいぶん迂回しましたけど「対象年齢」の話に戻します。

そんな『ある意味プロ保護者』の皆さんは、お子さんの可能性を踏みにじるようなことは極力避けたくて、対象年齢に満たなくても、お子さんが喜ぶならおもちゃやゲーム等を与えることがあるかもしれません。

それは決してルール違反などではなく、皆さんがある意味プロ保護者だからこそお子さんにしてあげられる保護者の役目ではないでしょうか。

プラモデルのような趣味の世界では「プラモは自由だ」という言葉をとてもよく目にします。楽しみ方もモデラーによってさまざまで、説明書通りに組み立てたり、説明書通りには組まなかったり、買っても作らずに箱のまま積んでおくだけだったり…、いろんな楽しみ方があります。趣味なので自分が楽しければ良いのです。

前回の投稿でもプラモデルが情操教育につながることについて触れたのですが、私の末っ子りょうくんはプラモデルを作ることによって、最近よく目にするようになった「プログラミング的思考」がネイティブに身についてきているように感じています。

「対象年齢」の枠を超えた子育てができるのは、ある意味プロ保護者の特権です。お子さんの無限の可能性を引き出す鍵を握るのは、ある意味プロ保護者である皆さんなのです。

ガチのプロかというとそうでもないのが『ある意味プロ保護者』なので、気負わない程度に保護者ライフを楽しもうじゃありませんか❗️

最後に

というわけで、上に紹介したYouTube「りょうくんチャンネル」では、親子で楽しめるプラモデルを紹介しています。是非チャンネル登録いただいて、おうち時間にプラモデルをご検討される際の参考にしていただければ幸いです。

プラモのこと、子育てのこと中心につぶやきます。 ユーチューバー父子モデラーとして活動中。 インスタもやってます( @gp_082 )

プロフィール

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。