手抜きの力

今回は手抜き=さぼりではなく、程よく力を抜くというお話です。

人はがんばっているときほど、手に力が入りすぎてしまうものです。

人によっては、周りが見えなくなったり、パニックになったりいろいろとあると思います。

そんな時は、一歩下がって俯瞰してみてみたり全体を意識することが大事だと思います。

仕事、ワンオペ育児、諸会の役員などなど

一生懸命の時ほど、周りが見えなくなり、

こんなにも自分はがんばっているのにと思いがちです。

そんなときほど、一歩下がって

自分を俯瞰してみてみる(なかなか難しいことですが)

あーがんばってるなぁ、ちょっと限界じゃない?

なんでこんなことになっているんだろう?なんか無駄な動きしてるなぁ?

などなど

ちょっとでも俯瞰して見れたらこっちのもん

少し見方を変えて、こうやったらどうだろう!

誰かに助けを求めるのもよし話を聞いてもらうだけでもよいと思います。

また自分に合ったリフレッシュできることをやってみるのも

自分の中に貯めこまず、何らかの形でアウトプットして吐き出してみてください。

がんばっている自分も、苦しんでいる自分も、失敗した自分をひっくるめて

自分自身を認めてあげてくださいね。

そうしたら、すこしだけ楽になると思います。

ちなみに、私の失敗談は

夕飯のおかず作って、ご飯をよそう段階でご飯を炊いていなかったことに気づき

結局夕飯がインスタントラーメンに(笑)でも、ご飯は用意したのでOKってことで

失敗した自分を認めました(笑)

皆さんも手抜き上手になってくださいね。

じっとしてない主婦GITTOが書いています。 お料理、キャンプを中心に語ります。お酒はそんなに強くないけど、日本酒じわじわ勉強中。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。