キモヲタとか言わんといて

皆さんはプラモデルにどのようなイメージをお持ちでしょうか。

このブログ記事にたどり着いた方の中には、プラモデル(や広い意味で模型)に興味があって来られた方が多いかもしれません。

今回はプラモ好きなお子さんの保護者がぶち当たりがちな話について書いてみようと思います。

「プラモ大好き‼️」を公言する人は世の中にほんのひと握りです。私はそのひと握りの1人でGPオヤジと言います。

プラモ大好きではありますが、腕前は初心者のオッサンです。

先日、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開目前にしてヱヴァンゲリヲン新劇場版:序・破・Qの3作品を視聴しまして、私は無性にエヴァ関連のプラモデルを作りたくなったわけです。3作観終わった翌日に映画の公開再延期が発表されましたが。

で、実は私には、同じ職場の従業員 Aママの息子で、貴重なプラモ大好き仲間(と私が勝手に思っている)Aくんがいまして、映画公開再延期発表の翌日、Aママに「Aくんはガンプラ(ガンダムのプラモデル)が好きだけどエヴァンゲリオンには興味示す?」と探りを入れてみました。

中学2年生の彼にとって、エヴァはドンピシャだろうと思っていたら、案外そうでもないらしく、でもアニメや映画のエヴァは観ているそう。ちょうどその日から金曜ロードショーでヱヴァンゲリヲン新劇場版が3週連続放映になってたらしく、それを観るとは言っていると。

私はTV放映があることを知らなくて「この前amazonのプライムビデオで視聴したらエヴァプラモ作りたくなってね。検索したら、ヒロインキャラの1人がプラモで発売予定になっててメッチャ欲しいって思ったんよ。今まで女の子プラモって作ったことないんだけど」と話したら、Aママ「ウチのAも、この前のクリスマスに模型屋さん連れて行ってどれがいいか選ばせたら、なんか全身にごちゃごちゃ纏った女の子のプラモデル持ってきたんですよ。あぁ、うちの子もついにそっちに手ぇ出したかって思いました」と。

(たぶん、こんな感じのやつ↑)

実は昨今のプラモデル界隈では女の子プラモデルが1つのジャンルとして確立されています。Aママも言ってましたが、「出来上がるとカワイイので、飾っとく分には戦車とかガンダムとかより良い」と、性別問わず人気のジャンルなのです。

一昔前にアニメキャラのフィギュアを集めてたりするとキモヲタ扱いだった頃の名残りか、女の子フィギュアやプラモデルに陰キャイメージがあるようなので、私はAママに伝えました。

「プラモを塗装したりしだすと、行き着くところ人間作りたくなるんよ。肌の質感とか表現したくなって。だからキモヲタ的なわけじゃなくてAくんもプラモのスキルアップにそれ作りたくなったんだと思うよ。」

と。プラモ初心者の私ごときですが、あたかも熟練モデラーのような口ぶりで言いました。

もちろんエヴァのヒロインプラモが欲しいと言った自分を弁解しようなどというつもりは毛頭ございません。

話それるけど、このAママ、ひとり親でとても頑張って1人息子を育てながら働いています。そしてAくんは私の長男と今年度同じクラスの同級生。そんなAママですが、家庭でのプラモ大好き息子は良いとして、職場でもプラモ大好きおじさんの話し相手で、ちょっと可哀想ではあります。

でも、Aママも息子さんと同じ趣味を持つ私に、プラモ周辺の工具や塗料情報などを聞いてくれたりするので、今買い与えるべきか待つべきかの参考にしていただく役には立ててるのかなとは思っています。

さて、話戻してあれから翌週の金曜日、家族でヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版を観ながら妻との会話。

妻「そう言えばオヤジくん、綾波レイのプラモデル欲しいとか言ってたっけ?」(妻は私を名前に「くん」付けで呼びます)

私「綾波じゃなくてアスカの方❗️ アスカしか発売予定になってない❗️ 最新技術が詰め込まれたすげーキットなんやから‼️でもamazonでは転売ヤーのプレ値しか出てないし、転売ヤーからは買いたくないから困ってる😩」

妻「オッサンが女の子プラモってキモヲタやん」

私「(先週のAママとの会話を復唱して)Aママには『キモヲタとか言わんといてやって』って説明したんだけど、まさにそのワード出してきたな❗️ 違うから❗️❗️ まぁ…、オッサン(である私)が女の子作って自己満に浸る図を想像するのはちょっとキツいところある…」

この文章の執筆時点で式波・アスカ・ラングレーのプラモデルは未発売。果たして私は無事に購入することができるのか。それとも後日再販されるのを待つことになるのか…。

(結局買わないという選択肢もないわけではない)

プラモのこと、子育てのこと中心につぶやきます。 ユーチューバー父子モデラーとして活動中。 インスタもやってます( @gp_082 )

プロフィール

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。