常備菜

この記事は、じっとしてない主婦GITTOが書いています。
お料理、キャンプを中心に語ります。お酒はそんなに強くないけど、日本酒じわじわ勉強中。

※GITTO:株式会社きもちとしくみ主筆 前野芽理のリアルPTA友達。最近ではもっぱらPTAを離れたところで意気投合。愛知県出身、石川県金沢市在住。

大変なのです。
大変なのです。
主婦にとっては、毎日の食事の用意が、大変なのです。
その日の夕食のメニューが決まっているのと、いないのとでは大違い。
主菜に副菜と考えるのも一苦労だし、買出しもまたしかり。

幸か不幸か、主人の実家の母はあまり料理が得意ではありません。
そのせいか、主人は、私の用意する食事にケチをつけたことがありません。ありがたい。
そんな我が家ではありますが、栄養バランスなど考えたら、やっぱ、それなりに気を遣う。

毎回副菜まで用意するのは大変なので、常備菜を用意しています。定番のメニューがほとんどで常に3~4種類、多いときは5種類ぐらいを作り置きしてあります。

時間があるときに1~2種類を作っておき、日をずらして作っておいて、常時3~4種類をキープ。4人家族で1種類2~3日で食べきれる量で回しています。

お惣菜の保存には、野田琺瑯のホワイトシリーズ スクウェアSシール蓋付が大活躍しています。

ホーロー製のストッカーは、プラスチック製に比べて清潔感があって好きです。
野田琺瑯のホワイトシリーズは、シール蓋の別売りがあります。蓋がダメになったら買い替えて、10年以上使っています。

常備菜の定番メニューは

●煮豆
乾燥大豆・ひじきなど乾物を常備してあるのでいつでも作れる。

●かぼちゃの塩焼き
くし切りにしたかぼちゃに塩を振ってしばらく置いてから焼くだけ。

●ツナピーマン
ツナ缶(油ごと)とピーマン種ごと輪切りにしたものを炒めて、醤油で味付け。

●れんこんきんぴら
親戚がれんこんを作っているのでよくもらう。輪切りして人参と一緒に炒め、白だしで味付け。

●もやしと人参のナムル
安価なもやしと細切りにんじんを茹でて、酢・白だし・みりん・醤油・いりごま・ごま油で味付け。

などなど。
あまり背伸びせずに、自分の定番メニュー何種類かをルーティンしています。

この常備菜を、無印良品の仕切付のお皿に(磁器ベージュ角皿仕切付)小さい方に常備菜、大きい方にメインの肉や魚をよそえば、たくさんの小鉢なども必要なく、よい感じに盛り付けられます。

主婦の家事は毎日のこと。
程よく、無理せず、こなせるようになるまでは、ちょっと時間がかかりましたが、我が家はこんな感じで落ち着きました。
主菜といっても、肉か魚を焼いただけ!みたいな、あわただしい日の食卓も、常備菜があれば、それなりに華やかに仕上がります。
一度に3~4種類も副菜を用意しなくて済むので、おすすめです。

じっとしてない主婦GITTOが書いています。 お料理、キャンプを中心に語ります。お酒はそんなに強くないけど、日本酒じわじわ勉強中。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。